ニュース一覧

仕組みや流れ

楽器

カリキュラムによって変化

音楽専門学校には「ミュージシャン科」や「プロデューサー科」そして「エンジニア科」等に分けられており学校によっては更にライブイベントの専門に学ぶ事もでき、「声優科」などもあるので自分が何を専門的に学びたいかをよく考えて選択しなければいけません。もし志望先が「楽器の演奏」関係ではなく作詞作曲といった場合には「プロデューサー科」を選びましょう。注意しなければいけないのが入学を決める前に「パンフレット」を読んだり「入学金の説明」を聞いておかなければ学費等を支払う際に予想よりも出費が多くなるケースもあります。特に奨学金の有り無しや制度もしっかりと理解しておきましょう。音楽専門学校は基本的に2年間その学校に通い知識を学んでいきます。ミュージシャン志望の場合には通常の授業に加えてイベント等を定期的に開催し、実践形式でライブを行う事もできます。更に取得可能な資格も豊富に用意されており資格検定試験対策の講座を開いてバックアップも行ってくれます。音楽専門学校には一流のプロが直接指導してくれるので業界に必要なノウハウも効率よく学ぶ事もでき確実なスキルアップにも期待が持てます。音楽専門学校を選ぶ際には業界へのデビュー実績が多い学校を選びましょう。そうする事によりデビューまでのサポートやデビュー後のサポートまで受ける事ができるので安心して業界を目指す事ができます。他にも就職先への斡旋もおこなっているので学んだ事をすぐに活かす事もできます。